【温泉ランキング】今人気の温泉旅行地

今一番人気の高い温泉をランキングで紹介!各旅行会社や、雑誌、ネットの情報をもとにおすすめの温泉をランキングにしました。みんなが勧める一度は行きたい人気温泉はここ

ランキング
ランキング1位
箱根

温泉ランキング1位 箱根温泉

露天風呂からは富士山が見えるし、老舗の旅館もたくさん。
観光スポットも多く、何度でも訪れたい温泉…ランキング1位はこの箱根温泉
観光客は年間で2000万人。都内からのアクセスも良く、関西圏からの旅行者も多い。
子供連れの家族でワイワイ行くもよし、お忍び風の老舗旅館で、ゆっくりと時間を過ごすも良し。
エリアには17の温泉地があり、泉質や、雰囲気はそれぞれに異なっている。

大涌谷や、芦ノ湖など遊びのスポットも充実。
2位以下に大きな差をつけて堂々の温泉ランキング第一位を獲得。

箱根温泉

箱根温泉(はこねおんせん)は神奈川県足柄下郡箱根町(旧国相模国)にある温泉の総称。箱根火山の麓から中腹まで、あちこちに温泉街が点在している。付近は富士箱根伊豆国立公園に指定されている。
明治以後、箱根は保養地、観光地としての開発が進む。1919年には箱根登山鉄道鉄道線が山上まで達し、さらに太平洋戦争終戦後まもなく小田急電鉄が箱根湯本駅まで乗り入れ、非常に便利になった。直通運転開始後、西武鉄道グループと小田急グループの箱根山戦争の舞台となり、結果多くの観光客が訪れるようになる。新たな温泉の開発も進み、歴史ある上記の八湯に加え、明治以降に開かれた大平台、小涌谷、二ノ平、強羅、宮城野、仙石原、湯ノ花沢、芦ノ湖、蛸川の9つの温泉を合わせて「箱根十七湯」と称している。さらに早雲山、大涌谷、湖尻の3か所を加えて「箱根二十湯」と呼ぶこともある。

ランキング2位
草津

温泉ランキング2位 草津温泉

「くさつぅよいとこいちどはおいで」という歌はあまりにも有名。
群馬県の草津温泉は、天下の名湯として、古くから知られる温泉地。

下呂温泉、有馬温泉と並び、「日本三名泉」のひとつ。その泉質は素晴らしいと多くの温泉ファンを魅了。

また、温泉街の中央に位置する湯畑での湯もみショーは必見。子供たちも大満足。浴衣で歩く温泉街の探索は温泉に来た!という気持ちにさせてくれる。

ゆっくりと楽しみたいおすすめの温泉地だ。

公共の湯も充実していて、ホテルの温泉だけではなく、楽しみ方も多数。硫黄のにおいが心地良い、大人気の観光しポット。

草津温泉

草津温泉(くさつおんせん)とは、群馬県吾妻郡草津町(旧国上野国)にある温泉のことである。正確には温泉のあるところが町になったというべきであろう。林羅山の日本三名泉に数えられる。江戸時代の温泉番付では当時の最高位である東大関に格付けされ、名実ともに日本を代表する名泉の一つである。
草津温泉は、草津白根山から東へ流れる地下水に火山ガスが出会って生じていると考えられている。降ってから数ヶ月から数年の比較的新しい地下水が主体となっており、湧出量は直前の降水量の影響を強く受けている。また、白根山の山頂に近いほどpH値が低く、含有成分が多いという特徴がある。

ランキング3位
熱海

温泉ランキング 第3位  熱海温泉

夜景も見事。海辺まで浴衣でぶらりと散歩
戦後は新婚旅行のメッカだった熱海も今は家族連れに嬉しい温泉街になっている。
海辺に位置する温泉街は、夜風が嬉しく、熱海で入る露天風呂は格別の魅力。

浴衣でのぶらり散歩ももちろんおすすめ。昔ながらのスマートボールや、射的など、ワイワイ楽しめるお店もまだまだ元気に営業中。

熱海温泉

熱海温泉(あたみおんせん)は、静岡県熱海市にある温泉である。日本の三大温泉場の一つとも言われている。日本では温泉地として単に熱海(あたみ)と通称されることが多い。
港にすぐ山が迫る地形の中、海岸線に沿って旅館ホテルが立ち並ぶ。尾崎紅葉の「金色夜叉」の貫一お宮の像がある。
温泉街は駅近辺から海岸沿いまで広がっている。

ランキング4位
鬼怒川

温泉ランキング 第4位  鬼怒川温泉

川底を見下ろす両岸に、温泉宿が並ぶ鬼怒川温泉郷。修学旅行や社員旅行の定番にもなっている。
ほとんどのホテルは大型で、設備が整ったサービスが自慢。

鬼怒川温泉の楽しみは温泉ももちろんだが、その観光スポットにも有。日光江戸村、東武ワールドスクエア、日光猿軍団など、遊びのスポットが点在。
子供はもちろん、大人のデートにも最適。一度の観光では回りきれない魅力的なスポットばかり
しっかり遊んで、宿でゆっくり。これが鬼怒川温泉の魅力。

鬼怒川温泉

鬼怒川温泉(きぬがわおんせん)は、栃木県日光市(旧下野国)にある温泉。
かつては箱根や熱海と並んで東京の奥座敷と呼ばれ現在でも年間200万人以上の観光客で賑わう。
温泉街の外れに鬼怒川温泉ロープウェイがあり、山頂駅近くに温泉神社がある。
至近に日光ワンニャン村、ウェスタン村、東武ワールドスクウェア、日光猿軍団、日光江戸村などのテーマパークが多数立地する。ほかにスキーリゾート、ゴルフ場などがある。

ランキング5位
伊香保

温泉ランキング 第5位  伊香保温泉

温泉情緒のあふれる街…それがこの伊香保温泉。石段街として有名。浴衣で街をぶらりと散歩できる、少し大人の温泉地
また、伊香保温泉のにごり湯は、「黄金の湯」と言われ、空気に触れると色が茶褐色になるというもの。「白銀の湯」という無色透明の湯も同時に楽しめる。

石段を登ったり下ったりしながら、ゆっくりとカップルで過ごすのも良し。

伊香保温泉

伊香保温泉(いかほおんせん)は、群馬県渋川市伊香保町(旧国上野国)にある温泉。草津温泉と並んで県を代表する名湯で、上毛かるたでは「伊香保温泉日本の名湯」と歌われた。
急傾斜地に作られた石段の両側に、温泉旅館、みやげ物屋、遊技場(射的・弓道)、飲食店などが軒を連ねている。365段の石段は温泉街のシンボルであり、この界隈は石段街と呼ばれる。石段の下には黄金の湯の源泉が流れ、小間口と呼ばれる引湯口から各旅館に分湯されている。石段の上には伊香保神社が存在する。

浴衣でぶらりと散歩できる…そんな温泉街がランキング!

温泉街でぶらりと散歩 口コミでも評判の高い人気の温泉ランキングを見てみると、「浴衣でぶらりと街を探索」できる、老舗の温泉街がランクインしています。
温泉に入った後、浴衣のままで、街をぶらぶら散歩…これは子供との思い出作りや、カップルでも楽しいもうひとつの温泉の楽しみ方。

このような「浴衣で散歩」というのは、どこの温泉でも一般的というわけではありません。
あくまでも「昔ながらの温泉街」に伝わる楽しみの文化なのです。

草津の湯もみショー熱海の海岸の夜景伊香保の石階段…楽しみは夜も続きます。
ホテルに入ったら、そのままホテルで過ごすだけ…そんな体験しかない方、ぜひ、「浴衣でぶらり温泉街」を楽しんでみてください。


世界一周の旅行もいいけど…温泉旅行もね!

世界を巡る旅行も素敵、 でも温泉旅行には、なにか特別の魅力があるように感じます。
多くの他人の方と一緒にお風呂に入るのって、日本特有の文化だと言います。
不思議ですよね、なぜ温泉に行くと人前で裸になれるんでしょうね…。
ゆっくり旅館で味覚を楽しみ、温泉に浸かる…観光もいいけど、ただのんびりする。そんな旅行も楽しいものです。
家族で行くのも楽しいし、初めてのお泊りデートがドキドキの温泉旅行というカップルも多いかもしれませんね。
日本人なら誰でも大好き。日本の厳選温泉宿を紹介しています。